出演者情報

出演ゲスト紹介

第11回大津ジャズフェスティバルでは、今年も豪華なゲストミュージシャンの演奏を皆さんにお届けします。
(順不同)

前田サラ with West Side Friends

  • メンバー

    前田 サラ(As) 小阪 惇平(Gt) 清水 興(B) 渕雅 隆(Dr)
  • 出演日時・会場情報

    20日(日)
    旧大津公会堂:15時~
    おまつり広場:17時~
  • 前田 サラ

    ゴスペルをルーツに持つサックス奏者。
    10代後半、都内のジャムセッションへの参加をきっかけに、多くの一流ミュージシャンとの共演を重ねる。
    20代前半の頃より、カウントダウンジャパン、フジロック、ライジングサンなどの大型フェスにあらゆるバンドで度々出演する。
    2015年末、リッキー・ピーターソン プロデュースの「From My Soul」でビクターよりメジャーデビュー。
    自身の前田サラBand の他、the day(中村達也(ds)/KenKen (b)/蔦谷好位置(key)/仲井戸麗一(g))、竹内朋康(マボロシ / ex.SUPER BUTTER DOG)主催の「Magic Number、Iki Orchestra(中村達也(dr)/Rei(g,vo)/前田サラ(sax)/日向秀和(b))への参加や、Superfly、MayJ.、GLAYのギタリストTAKURO、福山雅治など、多くのメジャーアーティストのライブサポートやレコーディングにも参加し、幅広い活動を展開している。ゴスペルをルーツに持つ、熱いファンク・ソウル感、溢れる唯一無二のプレイスタイルは、様々な音楽界隈で注目を浴びている。
  • 小阪 惇平

    10歳からギターを始め、中学からはBluesやR&Bなどの音楽に影響を受けLive活動を始める。
    2005年にアメリカ南部の街New Orleansに行き、街に溢れる音楽と人、食べ物に多大な影響を受け、その後何度も街を訪れ現地のミュージシャン達とセッションする。
    2008年より、ボーカル、ハープの西山ゆいとのユニット‘in the peace’(現在活動休止中)では年間150本以上Liveをし数々のミュージシャンと共演する。
    2016年1st 「in the peace」
    2018年2nd「on the sunny moon」を発表。
    現在はソロで活動中。
  • 清水 興

    80年代にNANIWA EXPRESS、90年代にHUMAN SOULそしてBAND ofPLEASUREを底辺から支えてきた、日本屈指のグルーヴ・ベーシスト。骨太のサウンドにスリルあふれるスピード感は、あたかもラバーバンドのように伸縮しながら、聴くものをグルーヴの世界へ誘(いざな)う。
    その評価は国内のみならず、世代を越えて広く海外のミュージシャンにも認められている。
    特にドラマーからの評価は高く、James Gadson、Bernard Purdie、Dennis Chambersらと数多くの共演盤を残している。インディーズ時代のコブクロのプロデュースをしたり、ゴスペラーズやSkoop On Somebodyのアルバムに参加するなど、ポップス界との交流も盛んに行っている。
    02年夏からはNANIWA EXPの再始動も開始し、07年には結成30周年を迎え、新旧交えて3アイテム11枚を一気にリリースするなど、ますますその活動は勢いを増しつつある。
    03年には阪神タイガース公認応援歌「嵐は西から」に参加、09年にはbjリーグ大阪Evessaのエンタテインメントディレクターに就任し、応援歌「Go Evessa !」を提供するなど、スポーツと音楽の融合に積極的に尽力を注いでいる。12年にはNANIWA EXPの結成35周年記念アルバム、FRESH DUDEとベストアルバムCOOL DUDEを同時発売、全国10都市12公演のツアーも敢行し、ライヴ・バンドとして健在振りを証明している。
  • 渕雅 隆

    大阪生まれ。
    15歳でドラムを始める。
    ロックとジャズ(ビッグバンドスタイル)を学ぶ。
    甲陽音楽学院に入学し在学中から関西でプロ活動を開始。
    関西で活動の後、上京する。
    熊谷徳明、岩瀬立飛に師事。
    モーラー奏法やアレクサンダーテクニックも学び、ファンク、R&B、ポップス、ロック、ジャズ、ラテン等、ジャンルを問わないスタイルで演奏する。
    Bob James、Allen Hinds、Dan Siegel等と共演し、高い評価を受ける。
    Zildjianのエンドーサー。V-Drumの認定講師。
    現在、アーティストのサポートやレコーディング、ライブ活動を中心に活動中。

西村有香里カルテット

  • メンバー

    西村 有香里(ts) 大野 綾子(p) 山本 久生(b) 東 敏之(ds)
  • 出演日時・会場情報

    20日(日)
    旧大津公会堂:13時~
    おまつり広場:16時~
  • 西村 有香里(にしむら ゆかり)

    ジャズテナーサックス奏者
    大阪府堺市出身。3歳よりピアノを始める。
    高校時代にテナーサックスとジャズに出会う。
    滋賀県立大学に入学後、仲間と共に音楽サークルを設立。音楽の道を志すようになる。
    大学卒業後は楽器店の専属サックスインストラクターとして5年間勤務。
    その後独立し本格的に演奏活動を始める。
    また二度にわたり渡米し、ニューヨークにてLew Tabackinのサックスレッスンを受ける。
    現在は滋賀を拠点に関西のライブハウスや各地のジャズフェスティバル、イベントなどで演奏活動を行なっている。
    平成23年度 大津市文化奨励賞受賞
    平成23年度より6年間「JAバンク滋賀」の イメージキャラクターとしてTVCM等やポスター等に出演
    2013年9月に1stアルバム「Dearly Beloved」を発売。現在は完売。
    2017年5月より2nd アルバム「Naturally」好評発売中。
  • 大野 綾子(おおの あやこ)

    京都出身
    幼少の頃からクラシックピアノに取り組み同志社大学在学中まで演奏を続けるも、ジャズピアノとの出会いは銀行に就職した後。
    京都で長年ジャズ教鞭をとるピアニスト 藤井貞泰氏に師事。
    畳み掛けるようなビバッププレイを根幹に持ちながらも楽曲の解釈においても感性豊かで優雅。
    繊細なメロディ、ダイナミックなハーモニー、美しいサウンド、インプロビゼーションで表現する堅実なプレイスタイルは国内外の著名ミュージシャンからも信頼厚い 実力派 ピアニスト。
    2017年12月6日、日本を代表するドラマー大坂昌彦、ベーシスト安ヵ川大樹とトリオを結成し、自身初のアルバム「ファースト・ムーヴメント(第一楽章)」リリース。
  • 山本 久生(やまもと ひさお)

    幼少時からエレクトーン、ピアノ、学生時代よりコントラバスを始める。蓑輪裕之氏に音楽理論とコントラバス奏法を師事し、ニューヨークで、マルコパナシア氏に師事する。
    寺井豊グループ、中嶋俊夫多田恵美子トリオ、高橋俊男トリオ等の伝統あるグループや、菊池康生サックスマシーンズ、岩瀬立飛クインテット等の国内外の実力派ミュージシャンのバンドに参加し、各地のライブやコンサートで演奏している。
    また、2013年はシャンソン歌手の佐々木秀実の全国劇場ツアーにも参加し、ジャズ以外のフィールドでも活動している。
  • 東 敏之

    中学生の頃よりジャズを聴きはじめ、音楽に親しむ。吹奏楽部にてテナー・サックスをはじめる。
    高校生よりドラムに転向。22歳にでプロ入り。京阪神の様々なグループで演奏を行う。
    ピアニストの田村翼氏に認められ、六本木の老舗ライブハウス「アフターシックス」に同氏とレギュラー出演するため、上京。
    約10ヶ月間同店で演奏。1991年ヴァイブ奏者の大井貴司氏のバンド「スーパーバイブレーション」に抜擢され、 全国ツアーやCD制作やテレビやラジオ出演を経験する。約3年間在籍。
    1994年に大阪に戻り再び京阪神での活動を再開する。
    現在は自己のトリオ、カルテットの他にUSENのスタジオワークもこなす。
    演奏活動の他、大阪音楽大学・音楽専攻科の講師も務める。
    2004年度第41回なにわ芸術祭第12回中山正治ジャズ大賞、新進音楽家新人賞、大阪府知事賞、大阪市長賞を受賞。

SANOVA

  • メンバー

    堀江 沙知(pf) 伊藤ショボン太一(dr) 池尻晴乃介(b)
  • 出演日時・会場情報

    19日(土)
    ビアンカ:ファーストクルーズ
    おまつり広場:17時~
  • iTuneジャズチャートアルバム1位を一ヶ月以上継続。
    ソングランキング1位〜3位までを独占するなど異例の実績を出す。
    2018年、ITAMI GREENJAMのオーディションコンテストにて応募者多数の中グランプリアーティスト(1位)に選ばれる。
    SunsetLive2018オーディションも見事に優勝。
    TVやラジオでは毎日のようにSANOVAの曲が流れる。
    月一回のワンマンライブも毎回満員の動員。
    2017年ビクターエンターテインメントよりメジャーデビュー。
    ツアーライブは全て満席完売。
    「試聴して一発でやられた!」「全曲アタリ曲!」「ピアノ好きにたまらない!!」等話題になり中毒者が続出!CDをリリースすると予約サイトは発売前から品切れが多発、店頭も陳列日に完売。
    ヴィレヴァン日刊商品ランキング第1位、Amazonアルバム1位、 e-onkyo Jazz部門アルバム1位、Apple Musicジャズアルバムランキング1位。
    iTuneジャズチャートではアルバム1位獲得に続き、旧作までもが2位と3位に入り、上位3位までSANOVAが独占と異例の実績を出す。
    2019年6月1日800人ワンマンライブは予約開始とともにアクセスが殺到し1日で800人予約完売!
    インストながら紅白出場を夢に掲げ活動している。

西村琴乃カルテット

  • メンバー

    西村 琴乃(as) 小林 理紗(pf) 小山 直人(b) 村上 友(dr)
  • 出演日時・会場情報

    19日(土)
    ビアンカ:セカンドクルーズ
    おまつり広場:19時~
  • 西村 琴乃(にしむら ことの)

    saxophone
    京都府出身。
    大阪音楽大学音楽学部器楽学科卒業。
    在学中、様々なクラシックコンクールの受賞歴持つ。卒業後ジャズ、フュージョンを学び始める。
    クラシックで学んだ表現力を生かしジャズ、ポピュラー、ファンク等、幅広いジャンルに取り組み卒業と同時に関西のホテルやジャズクラブ、結婚式等での演奏活動を開始。
    パワフルかつ繊細な幅広い音楽表現を取り入れ現在は関西を中心に勢力的に演奏活動を行っている。
    近年は数回に渡り渡米。現地のミュージシャンとのセッションを行うなど積極的に様々なジャンルに触れる。
    2018年11月に待望の1st アルバムをリリース。
    大阪、京都、滋賀、東京でのリリースライブは満席になり好評を博す。歌心溢れるメロディーとファンキーでアグレッシブな楽曲により幅広いサウンドで話題となる。
  • 小林 理紗(こばやし りさ)

    3歳よりエレクトーン、ピアノを習いはじめる。小学生の頃より、様々なコンクールに出場し入賞。
    相愛大学音楽学部創作演奏科に入学。大学では作曲、編曲、演奏を学ぶ。
    Jazz、Salsa、Rock、Fusion、Pops等、様々なジャンルのバンドでピアノを担当。
    関西のライブハウスやホテル、Jazzbar等で演奏の他、大手企業オープニングイベントでの演奏等と幅広く活動している。
    2015年10月には、神戸ネクストジャズ決勝ライブに出場。
    ソロでの活動はR1SAとして2009年より活動を開始。
    作曲、編曲、トラック制作、全て自身でこなす。
    Classic Jazz  Clubmusic Progreessive rock Electronica等を融合した衝撃的で斬新なSoundは海外のアーティストからも信頼を得ている。
    2017年4月1st Album「Over Mind」をリリース
    2018年11月には「小林理紗トリオ」でのプログレッシブな変拍子系ピアノトリオでアルバムをリリース予定。
    又NYで現地のミュージシャンとセッションを重ねる等、積極的に様々なジャンルに挑戦している。
  • 小山 直人(おやま なおと)

    ベーシスト 作編曲家 大阪芸術大学芸術学部音楽学科卒業。
    大学在学中にジュリアード音楽院への短期留学プログラムに参加。
    大学卒業後はカリフォルニアカレッジオブミュージックに入学。
    様々なセッションやレコーディングに参加した。
    Soul、R&B、Jazz等を中心に多彩なジャンルをこなし、Eric Marienthal (Saxophone)、Uros Raskovski (Guitar)などのプレイヤーとも共演。
    現在は、アーティストのレコーディングやツアーのサポート、メジャーアーティストへの演奏指導、トラック制作やイベント企画など、国内外問わず幅広い分野で活躍中。
  • 村上 友(むらかみ ゆう)

    甲陽音楽院を卒業後、関西を中心に活動を始める。
    2011年台湾の数万人規模のジャズフェスティバル「Taipei International Jazz Festival」に出演
    2013年には金沢ジャズコンペティションでグランプリ賞を受賞し韓国で演奏を行う。
    jazz、fusion、pops、funkなど、様々なジャンルに対応するプレイスタイルにより好評を博す。
    現在はアーティストのレコーディングやライブサポートなど、幅広く活躍してる。
    【共演者】坪倉唯子(B.B.クィーンズ)、浅岡雄也(FIELD OF VIEW)、Jeff Kollman、須藤満(T-SQUARE)

The Future Jazz Quartet

  • メンバー

    今井晴萌(ts) 葭葉愛子(pf) 磯部直樹(b) Von Baron(dr)
  • 出演日時・会場情報

    19日(土)
    ビアンカ:セカンドクルーズ
    おまつりi広場:18時~
  • 関西ゆかりのメンバーで結成されたコンテンポラリージャズバンド。
    ジャズを軸にしながらも、ソウル、ファンク、R&B、ブラジル音楽、クラシック、フュージョン等それぞれが幅広い音楽的趣向、活動フィールドを持つ4人が毎回予定調和なしの化学反応を起こす。
    一貫した即興性の高さ、個性的でありながらどこか中毒性のある楽曲達は、他に類を見ないオリジナルなサウンドとして次第にリスナーの心を掴んでいき、ライブを重ねるにつれ音源制作を求める声も高まっていた。
    2019年夏、ファーストアルバム制作のためのクラウドファンディングを実施し注目を集め、当初の目標160%超えの成功を収める。晴れてアルバムレコーディング、リリースツアーが決定。
    The Future Jazz Quartet
    ファーストアルバムリリースツアー日程
    2019年
    10月11日(金)東京 六本木Claps
    10月12日(土)東京 淡路町Lydian
    10月13日(日)滋賀 浜大津Baar Musica Tio
    10月14日(祝)(昼)兵庫 神戸三宮Bar Request

Clap Stomp Swingin'

  • メンバー

    高田亮介(g) 斎藤一郎(b) 岸本良平(pf) 山下拓郎(cl/vo)
  • 出演日時・会場情報

    19日(土)
    ビアンカ:ファーストクルーズ
    スカイプラザ「響」:16時~
  • 古き良き時代のファッションとサウンド、時を超えたスウィングのリズム、個性溢れるパフォーマンスを武器に、劇場からカフェ、野外フェスから路上、学園祭から結婚式、お声がかかればどこへでも。
    時と場所を選ばず縦横無尽に活動中!
    ◇2017年NYタイムズスクエア「ドリームよさこい」出演。
    邦人主催イベントにおいてのライブ演奏はクレイジーキャッツ以来50年振りとなる。
    同年10月、クラウドファンディングにより資金を募り、NY単独公演とMusic Videoの撮影を成功させる。
    ◇国内ツアーのみならず海外のスウィングフェスティバルへの出演(台北スウィングフェスティバル、韓国チェジュ島スウィングキャンプ、韓国Seoul at Seoul)来日アーティストとのコラボライブの開催等、国内外に活動の場を展開中!
    現在アルバムを5作リリース中

今西佑介セクステット

  • メンバー

    今西佑介(tb) 横尾昌二郎(tp) 當村邦明(ts) 永田有吾(pf) 光岡尚紀(b) 弦牧潔(dr)
  • 出演日時・会場情報

    19日(土)
    旧大津公会堂:15時~
  • 2010年6月に結成し、以来、関西のライブハウスのみならず、関東遠征や、様々なイベントやジャズ・フェスティバルにゲスト出演するなど、精力的に活動を続けている。
    今西の作・編曲した曲を主なレパートリーとし、”Art Blakey & The Jazz Messengers”や”One For All”を彷彿とさせるストレート・アヘッドなスタイルの楽曲で幅広いファン層に支持される。
    三管編成を活かしたアンサンブルと多彩なアプローチを最大の売りとしているが、メンバー全員が関西屈指の実力派ジャズ・ミュージシャンであり、それぞれの持ち味を活かしたソロもこのバンドの大きな魅力の一つ。
    これまでに「CRISP」(2011)「WAYFARER」(2012)、「WEATHER」(2014)、「METEOROLOGY」(2016)、「PORTRAIT」(2018)とCDを5枚リリースしている。
    緩やかに変化し進化し続ける、今後も要注目のバンド。

小林理紗トリオ

  • メンバー

    小林理紗(pf) 津田藤宏(b) 阪井ちょく(dr)
  • 出演日時・会場情報

    19日(土)
    旧大津公会堂:12時~
    スカイプラザ「響」:17時~
  • 2018年5月結成。若手ジャズピアニスト小林理紗によるピアノトリオ。
    自身のオリジナルやジャズスタンダードのリアレンジ曲を中心に演奏。
    プログレッシブロックとジャズを組み合わせた変拍子盛りだくさんの個性的な楽曲や京都貴船神社のテーマソングが聴き物。
    梅田ALWAYSなどでの主催ライブや高槻ジャズフェスや尼ソニックなどジャズフェス出演している。
    大津ジャズフェスティバルは2度目の出演、2018年12月リリース 2nd アルバム「Conpettive」Amazonでも発売中!
    https://bass2416.com/risatrio/
  • 小林 理紗

    3歳よりエレクトーン、ピアノを習いはじめる。
    小学生の頃より、様々なコンクールに出場し入賞。相愛大学音楽学部創作演奏科に入学。
    大学では作曲、編曲、演奏を学ぶ。
    Jazz、Salsa、Rock、Fusion、Pops等、様々なジャンルのバンドでピアノを担当。
    関西のライブハウスやホテル、Jazzbar等で演奏の他、大手企業オープニングイベントでの演奏等と幅広く活動している。
    2015年10月には、神戸ネクストジャズ決勝ライブに出場。
    ソロでの活動はR1SAとして2009年より活動を開始。
    作曲、編曲、トラック制作、全て自身でこなす。
    Classic Jazz  Clubmusic Progreessive rock Electronica等を融合した衝撃的で斬新なSoundは海外のアーティストからも信頼を得ている。
    2017年4月1st Album「Over Mind」をリリース
    2018年12月2st Album「COMPETITIVE」をリリース
    又NYで現地のミュージシャンとセッションを重ねる等、積極的に様々なジャンルに挑戦している。
    大津ジャズフェスティバル2019では自身のユニット小林理紗トリオの他に西村琴乃グループにも参加
    オフィシャルサイト
    https://risa.issite.work/

吉田匡志(大巨人バケツドラム)

  • メンバー

    大巨人(吉田匡志)
  • 出演日時・会場情報

    19日(土)
    パフォーマー会場/百町館:15時~
  • ドラマーとして活動する一方、2013年10月頃からひょんなことからバケツドラムを始めることとなる。
    今のところ京都のストリートによくいる。
    全国様々な場所でもいたり、いなかったり…

Serene Jazz Quartet

  • メンバー

    高原 かな(vo) 山田 静香(pf) 波戸 就明(b) 水上ダンヒル洋(dr)
  • 出演日時・会場情報

    20日(日)
    旧大津公会堂:14時~
    スカイプラザ「響」:16時~
  • 高原 かな

    3歳からエレクトーン奏法を、9歳からドラム奏法を学び、ポピュラー音楽の基礎を習得。
    大阪府立清水谷高校にてバスケットボール部で活躍するかたわら合唱部で声楽の基礎を学ぶ。
    同時にアメリカンミュージック、特にブラックミュージックに傾倒し強い憧れを抱く。
    その後、大阪音楽大学短期大学部声楽専攻修了。
    声楽、音楽理論、ピアノ奏法を習得。
    卒業後ジャズを歌い始める。
    2008年より関西を拠点にプロ活動を始め、「高原かなカルテット」を結成。
    2010年12月には初アルバム『FOUR!!』を自主レーベルより発表。
    2012年9月、金沢ジャズストリートバンドコンペティションにて「高原かなカルテット」が準グランプリ受賞。
    同年12月、タイムマシンレコードよりライブレコーディングCD『カナカルライブ!』を発表。
    従来のジャズ作品のイメージを覆したと全国で高い評価を得る。
    2013年、セロニアスモンクコンペティション初のアジア版であるOsaka Asian Dreams Jazz Competitionのセミファイナリストの一人に高原かなが選出される。
    (※セロニアスモンクコンペティションとは、世界で最も権威のあるジャズのコンペティションである。)
    2015年11月、念願だったクリスマスアルバム『カナカルクリスマス!』をリリース。
    JAZZの伝統的なスタイルに強いこだわりを持ちながらも新しいジャズの表現も積極的に取り入れ、そのスウィング感あふれる歌唱とエンターテイメントたっぷりのパフォーマンスには定評がある。
    すいかをこよなく愛し、その思いは『カナカルライブ!』『カナカルクリスマス!』の2枚のCDデザインにも反映されている。
    2015年12月より拠点を東京に移し活動範囲を広げる。
    2018年には娘を出産、ママシンガーとして日々音楽と子育てを楽しんでいる。
  • 山田 静香

    滋賀県彦根市生まれ。大阪府在住。
    音楽好きの両親の影響で様々なジャンルの音楽を聴いて育ち、幼少の頃よりピアノを始める。
    大垣女子短期大学音楽科ピアノ専攻卒業。
    2006年より2011年まで保坂千里氏指揮のキーボード・オーケストラ『楽』に於いて、モーツァルト、ガーシュイン、プーランク作曲のピアノ・コンツェルトのソリストとして出演。
    現在は京阪神を中心にジャズ、クラシック、ポップス等の演奏活動を行っている。
    2015年、ピアノトリオの1stアルバム「至福」をリリース(弾き語りの一曲以外は全て自作曲)。雑誌JAZZ LIFE、JAZZ JAPANにも掲載され好評発売中。
  • 波戸 就明

    1980年生まれ奈良県出身。
    大阪音楽大学短期大学部ジャズコースにて木村知之氏に師事。
    2011年、金沢ジャズストリートのコンペティションでグランプリ受賞。
    現在、関西を中心にライブ活動やパーティーでの演奏、Muto Jazz Chamber、MASAX-274などのバンドに参加し活躍している。
  • 水上ダンヒル洋

    中学から吹奏楽のパーカッションを始める。
    高校の音楽コースに進学し、そこでドラムを小山哲久に習う。
    大阪音楽大学短期大学部JAZZコースに進学し、JAZZドラムを宮川彪氏に習う。多彩な音色と柔らかいタッチに定評があり、関西一円のライブハウスで様々なバンドで活動中。

jaja

  • メンバー

    秋山 幸男(ss) 市村 浩(b) 西沢 譲(g) 高島 基博(dr) 木村 香恵(pf)
  • 出演日時・会場情報

    20日(日)
    大津市民会館(小ホール):15時~
    旧大津公会堂:17時~
  • 2004年10月ホリプロよりデビュー
    HMVのJAZZ部門・ネット予約1位・発売2週間セールス1位を獲得。
    2005年マレーシア・インドネシア・シンガポール・タイ・韓国・フィリピン・台湾にてCDデビュー。
    韓国チャラ島ジャズフェスティバル出演
    マレーシア「ペナン島ジャズフェスティバル」参加。
    2006年WHDエンターテイメント&ビクターよりメジャーデビュー。
    同年2ndアルバム発売、アドリブアワード国内ニュースター賞を受賞。
    タイジャズフェスティバル出演
    2007年アドリブアワード国内ベスト・ジャズ・フュージョン賞を受賞。
    2008年独立しセルフマネージメントオフィスを設立
    アルバム2枚「MADE IN jaja 」「MADE IN jaja ㈼」初のDVDをリリース
    2009年にはリーダーでもある秋山幸男がアドリブアワード(スイングジャーナル社)
    国内SAXプレイヤー人気投票で10位に入る / 2度目のマレーシア公演
    2011年初のヨーロッパ(ドイツ)コンサートを行い大絶賛を受ける。
    2012年アルバム「MADE IN jaja ㈽」リリース / 中国上海万博出演
    2013年二度目のヨーロッパ公演(ドイツ・ルクセンブルグ)も大成功を収める。
    同年「MADE IN jaja ㈿」をリリース
    2014年、年間ライブ数250回を超える/ ルクセンブルグジャズフェスティバル出演
    2015年「MADE IN jaja ㈸」をリリース
    2016年 名古屋フィルハーモニー交響楽団とのコラボコンサートを実施し大絶賛を受ける
    2017年、年間観客動員数とCD売り上げ枚数が過去最高を記録
    2018年よりインディーズからメジャーにカムバックして全国的に活動中
    デビューから毎年国内ジャズフェスティバル多数出演
    横浜から世界へ
    Japanese jazzを認めさせるオンリーワンバンドです。

アキヤマユキオ

  • メンバー

    アキヤマユキオ(s,vo) 木村カエ(pf) 西沢 譲(g)
  • 出演日時・会場情報

    20日(日)
    大津港シンボル緑地:13時~
  • 2004年10月ホリプロよりデビュー
    HMVのJAZZ部門・ネット予約1位・発売2週間セールス1位を獲得。
    2005年マレーシア・インドネシア・シンガポール・タイ・韓国・フィリピン・台湾にてCDデビュー。
    韓国チャラ島ジャズフェスティバル出演
    マレーシア「ペナン島ジャズフェスティバル」参加。
    2006年WHDエンターテイメント&ビクターよりメジャーデビュー。
    同年2ndアルバム発売、アドリブアワード国内ニュースター賞を受賞。
    タイジャズフェスティバル出演
    2007年アドリブアワード国内ベスト・ジャズ・フュージョン賞を受賞。
    2008年独立しセルフマネージメントオフィスを設立

トシ新町と西院の風

  • メンバー

    トシ 新町(vo) 大谷 朝子(pf) 李 庸恩(b) 小竹 直(g)
  • 出演日時・会場情報

    20日(日)
    スカイプラザ「響」:15時~
    琵琶湖ホテル桃山:17時~
  • トシ 新町

    東京で在学中にバンドを結成し、数々のミュージシャンとプレイ。78年にアメリカに渡り多くのミュージシャンと共演。映画音楽、舞台音楽、ライブハウス等のプロデュースも多く手掛ける。現在、大坂、京都を中心に多方面で活躍中。
  • 大谷 朝子

    三歳からクラッシックピアノをはじめ、大学のピアノ科を卒業。和洋問わずさまざまな音楽に親しむ中でブルースと衝撃の出会いを果たす。現在、ブルースピアノを中心に多くのミュージシャンと共演。京都、大阪、滋賀などで活動中。
  • 李 庸恩

    韓国では歌手のバックバンド、ドラマのOST参加、ミュージカル「地下鉄一号線」の日本と中国の公演に出演。海外でのブルースフェスにも出演するプロベーシストとして活躍。7年前から日本に居住し、関西を中心に花岡伸二(花伸)、木村充輝、中川五郎、カオリーニョ藤原など、いろんなジャンルで活動中。
  • 小竹 直

    アメリカ音楽に深く影響を受け、今もなお、自身の表現を追い続けている。

小野麻美ピアノトリオ

  • メンバー

    小野 麻美(pf) 有福 珍(b) 西野 滉平(dr)
  • 出演日時・会場情報

    20日(日)
    スカイプラザ「響」:14時~
    大津市民会館(小ホール):16時~
  • 小野 麻美(おの あさみ)

    京都生まれ、三歳からクラシックピアノ、華頂音楽高校へ入学。その後、音楽大学に進む。
    その頃 初めてJazzに出逢いAN music school京都にて 様々なジャンルを学びLive活動、ヤマハ講師業もスタート。
    オリジナル曲を創り始める。
    その後、海外に興味を持ち渡米 ニューヨーク、カナダ、韓国で演奏する。
    2014年 1月13日、1st album「Deep blue」
    深い海の気持ち オリジナル、スタンダード
    2017年 5月1日 2nd album IYELLOW(アイエロー) オリジナル、スタンダード
    2019年 3月1日 Shinsyu Jazz Min より
    3rd album 『a Whiter Shade of Pale』小野麻美with 美嶺 発売
    青い影?Django ,君住む街角、Thank you ,jingle Bell Rock オリジナル含む16曲を収録。
    今年も 新たな2作、アルバム 制作を予定している。
  • 有福 珍(ありふく ちん)

    1979年生まれ。6歳よりピアノ、15歳よりベースを始める。
    2003年ジャズシンガーカーメンマクレエの専属ピアニスト、ノーマンシモンズと共演。
    2006年よりバンドFRIDGEに加入。
    http://openfridge.blogspot.jp/
    2013年サントリー一万人の第九で佐渡裕氏の指揮で加山雄三氏のバックバンド演奏をつとめる。
  • 西野 滉平(にしの こうへい)

    中学三年よりドラムを始め、ロックやJPOPを演奏する。 大学に入学後、神戸大学のサークルに所属し、プログレ、メタル、現代音楽など様々なジャンルを嗜む。その後、田井中福司氏、池長一美氏に師事し、ジャズを始める。ローランドミュージックフェスティバル、アンサンブル部門でパフォーマンス賞を受賞。
    大学院在学中、2015年に小野麻美のセカンドアルバム「Iyellow」に参加する等、レコーディング活動も行う。現在は関西のライブハウスを中心にライブやサポート、レコーディングなど、精力的に活動中。

fuyuco.

  • メンバー

    fuyuco.
  • 出演日時・会場情報

    20日(日)
    スカイプラザ「響」:17時~
  • 幼少期にピアノと出会い、15歳からバンドのボーカリストとしての活動を始める。
    2003年にメロディックパンクバンドL.A.SQUASH を結成。年間約70本のライブを行いRX-RECORDS (uk project )より音源をリリース。
    2009年のL.A.SQUASH解散後、ソロでの活動を開始する。
    ピアノ弾き語りを中心にライブ活動を全国に展開。
    2018年8月、4人組ベースレスロックバンド、イロマキトリドリを始動。
    数多くのライブを成功させながら、ボーカリストとしてジャンルを超え様々なミュージシャンとの共演を行なっている。
    2017年9月1日
    弾き語りでの作品、1st mini album"Pieces"をリリース。
    2019年3月1日
    イロマキトリドリ最初の作品、1st mini album"彩"をリリース。
  • パンフレット
  • OJFナビ
  • ゲスト紹介
  • 実行委員募集
  • 大津ジャズフェスティバルJAZZと一緒に街歩き

PAGE
TOP