出演者エントリー第2クール受け付け中!!

6/17(tue)より、出演者エントリー(第2クール)を受けつけています!
募集要項をご一読いただき、どしどしエントリーください。

第2クールの〆切は6/30(mon)です。
出演に二の足を踏んでいるかた、第1クールの〆切りに間に合わなかったかた、残念ながら第一選考に漏れてしまったかた等々、皆さまのエントリーをお待ちしております!!

出演者エントリー第1クール〆切りました。

出演者エントリー第1クール〆切りました。
現在、選考作業中です!

今回、総数95バンド330名(延べ人数)、遠くからは西は明石~東は東京にお住まいの方からのエントリーをいただいています。

第2クールは6/17(tue)~30(mon)の予定です。
皆さまのエントリーをお待ちしております!!

反省会と打ち上げと実行委員募集につきまして

あけましておめでとうございます。
実行委員のうちまたのいぬ!です。

昨年10月13日~14日に開催された第4回大津ジャズフェスティバルは大いに盛り上がる事ができ、観客および出演者の皆様には深く感謝いたします。

第4回の実績を踏まえ、第5回の開催を更に良いものとするため、10月20日に反省会を実施しました。反省会では様々な意見が出され、これらを基に改善を進めて、もっと素敵なジャズフェスティバルになるよう頑張ってまいります。

また、12月9日には第4回大津ジャズフェスティバル実行委員会の最終定例会が開かれ、第4回は無事完了いたしました。ありがとうございました。


さて、、、実行委員おまちかねの打ち上げは、11月3日に百町館で開催されました。
これを楽しみにみんな1年間頑張っているかもしれません。

みんなで持ち寄った美味しい食べものと美味しい飲み物を味わいつつ、ワイワイガヤガヤと楽しみました。いや~美味しいものはいいですね!


また、実行委員の演奏でも盛り上がりました。今年はヴァーミリオンフィールドの栗田さんが遊びに来てくれましたので私が暴走しました(笑)。

小山さんとサックス狸も見守ってくれてます。

そんなこんなで、まじめな反省会と楽しい打ち上げを経て、いよいよ第5回大津ジャズフェスティバルが始動します。

お楽しみに!


(追伸)
大津ジャズフェスティバル実行委員会では、実行委員を大募集中です!
素敵なイベントを創り上げる喜びを共有しませんか?

なかなか会議に参加できないお忙しい方でも、メーリングリストによる情報共有手段がありますので大丈夫です。もちろんお子様連れでの参加も大歓迎です。

「よし!やったる!」という方は、第5回OJF定例会(第1回目)が1月20日に大津市市民活動センターの中会議室(浜大津)で開催されますので、そちらにお越しいただくか、ホームページのお問い合わせページからご連絡くださいませ。

大津市市民活動センター:大津市浜大津4丁目1−1

お問い合わせページ:http://otsu-jazz.jp/contact/

実行委員募集のお知らせ

実行委員一同でお待ちしております!

では~

第4回大津ジャズフェスティバルが終了しました。

大津ジャズフェスティバル実行委員長の吉田です。

「第4回大津ジャズフェスティバル」は2日間の予定を滞りなく終え、昨夜20時過ぎに全ての日程を無事に終了いたしました。

今年は初めて両日とも天候に恵まれ、おかげさまで過去最高のご来客をお迎えすることができました。

近くから、遠くからご来場いただいた多くのお客様、OJFのために時間を割いてご出場いただいた多くのミュージシャンの方々、そして当日にボランティアとして参加していただいた多くの皆さまに心より厚く御礼を申し上げます。

また今回の公演に際してご支援ご協力いただいた多くの企業や個人の皆様、これらの方々のお支えがなければこのフェスティバルは開催出来なかったと思っています。

「大津ジャズフェスティバル」は「世界一美しいジャズフェスティバル」を目指して、皆さまと共にこれからも活動を続けてまいる所存でございますので、引き続きご支援ご指導いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
本当にありがとうございました。

第四回大津ジャズフェスティバルのメインビジュアルが完成しました!

こんにちわ。大津ジャズフェスティバル実行委員会の制作班です。

もうすでにご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
そうです。
第四回大津ジャズフェスティバルのメインビジュアルが完成しました!

今年は大津にキャンパスを構える成安造形大学にご協力頂きました。
本デザインは3回生の岸本倫子さんの作品になります。

いかがですか?

ねじれる腕。飛び跳ねるプレーヤー。
これだけで、デザインから音楽が聴こえてくる気がしませんか?
このような音に溢れるデザインはなかなかありません。
これぞ、他に代え難い『個性』です!

「このデザインなら大津じゃなくても使えるのでは?」
もしかしてそう思った方はいらっしゃいませんか?
その疑問に気持ちよくお答えいたします。

中央の3人のプレーヤー。彼らの色。

お気づきになりましたか?
そうです。
この色は、江戸時代から大津で民族絵画として描かれてきた『大津絵』から得たものです。

そして、彼らのバックには波打った水色が…。
そうです。
『びわ湖』す。

「大津絵の色を纏ったプレーヤーがびわ湖をバックに音楽を奏でる。」
これはまさに、『大津ジャズフェスティバル』でしか成し得ないことなのです!

これから、このデザインは電車やバスの中、公共施設や店舗等のさまざまな場所な場所で
ご覧いただけることと思います。
ぜひとも、デザインから溢れる音楽に身を委ねてみてください。
当日は、このデザインが現実になります。

10月13日(土)14日(日)は、ぜひとも大津ジャズフェスティバルにお越しください!